Scroll

京都をよりクリエイティブな街に

そんな思いを持った京都の有志が集まり、「DESIGN WEEK KYOTO」をスタートしました。
私たちが考える「Design」とは、「de + sign」、つまり、現在目の前に見えていること(sign)から視点や思考を離す(de)ことで、
本質を見つめ直し、時代に合った新たな物事の創出に繋げていこう、という意味合いを込めています。
DESIGN WEEK KYOTOでは、2018年2月18〜25日の1週間にわたって、京都のモノづくり現場(SITE)がオープンします。
国内外の様々な人との交流を通じて、相互の視野(SIGHT)を広げ、新たなアイデアやコラボレーションが生み出され、
京都が創造性溢れる街となっていくきっかけの場となることを願っています。

OPEN HOUSEの
お申し込みはこちら

オープンファクトリー

工房・工場・アトリエなど京都の多種多様なモノづくりの現場を期間中オープンし、現場での交流を実施して頂きます。普段のモノづくりプロセスの公開・見学が主体です。
参加同意書はこちら

自主的に実施頂く各種イベントです。体験ワークショップやトークイベント、交流パーティなど、様々な交流の企画をお待ちしております。