概要

概要イメージ

「Design Week Kyoto 2017」は、2017年2月19日(日)から26日(日)までの間、古来から各種のモノづくりが行われてきた京都市の中心部で開催されるオープンファクトリーイベントです。
多種多様なモノづくりが行われている京都の工房・工場といった現場(SITE)を訪問し、モノが生み出されていくプロセスを体感できます。普段はクローズしている現場(SITE)が期間限定でオープンし、モノづくりの担い手たちの仕事を直接見て、交流することを通じて、きっと互いの視野(SIGHT)が広がり、新たなアイデアやモノづくり、そして仕組みに繋がっていくでしょう。
これまでなかなか見ることができなかった京都のモノづくり現場へ、ぜひお越し下さい。

開催期間2017年2月19日(日) 〜 26日(日)
主 催Design Week Kyoto 実行委員会
会 場 OPENFACTORY|京都市内の工房・工場など モノづくりの現場 約30社
サテライトイベントDWKクロス|京都市内約30社
オープニング
イベント
日時:2月18日(土)17時~
場所:WORLD,KYOTO(京都市下京区 西木屋町四条上ル真町97)
参加費:3,000円
インフォメーション
センター
ジェイアール京都伊勢丹2F
交流会場 イベント来場者や参加企業同士の交流等をする場所
2月19・25・26日:前田珈琲室町本店 2月20~24日:MTRL KYOTO
協 賛 株式会社ジェイアール西日本伊勢丹/京都信用金庫/サッポロホールディングス株式会社
株式会社フューチャースピリッツ/WORLD,KYOTO/MTRL KYOTO
後 援 京都府、京都市、京都商工会議所、公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー、
一般社団法人京都経済同友会

MISSION

京都は、その長い歴史の中で職人らがその技術や感性を切磋琢磨し、多種多様なモノづくり、そして文化が培われてきました。そのモノづくりの伝統は、各種工芸・ハイテクなどに現代も受け継がれており、現場にはその真髄が詰まっています。しかしながら、普段はその現場を見たり、担い手である職人らと直接触れ合ったりすることも難しい状況です。また、それは日々モノづくりに取り組む現場の人たちにとっても同じです。
そのため、Design Week Kyotoの期間中だけでもまず現場をオープンすることにより、国内外の様々な人と出会う機会を創出することにより、視野を広げ新たなモノづくりのアイデアやコラボーレーションに繋がっていく。そして京都が創造性あふれる街となっていく。
私たちが考える「Design」とは、「de+sign」、つまり現在目の前に見えていること(sign)から視点や思考を離す(de)ことで、新たな物事の創出に繋げていくという意味合いを込めています。
Design Week Kyotoがそのきっかけの場となっていくことを願っております。

ACCESS

インフォメーションセンター

ジェイアール京都伊勢丹 2F

住所:
〒600-8555 京都府京都市下京区 烏丸通塩小路下る東塩小路町
tel:
075-352-1111
営業時間:
午前10時~午後8時

本部会場 (平日)

MTRL KYOTO

住所:
〒600-8119 京都府京都市下京区本塩竈町554
tel:
075-708-2593
本部設置期間:
2月20日(月)~24日(金) 11:00-22:00

※コワーキングスペースの利用には別途料金が必要です。(¥500/45分〜)
※18時からはBAR TIMEとなります。(1ドリンク制 ¥300〜)

本部会場 (土日)

前田珈琲室町本店

住所:
〒604-8151 京都市中京区蛸薬師通烏丸西入ル橋弁慶町236番地
本部設置期間:
2月19日(日)・25日(土)・26日(日)11:00-21:00

※19時からは交流パーティー(参加費 2,000円 Free Drink+Foods)を
 開催いたします。
※日中の喫茶ご利用は、別途飲食料金が必要です。

MEMBER

  • 宮嶋 千紘

    CHIHIRO MIYAJIMA

  • 藤井 智大

    TOMOHIRO FUJII

  • 中村 安里

    ANRI NAKAMURA

  • 山口 南美

    MINAMI YAMAGUCHI

  • 吉岡 千滉

    CHIHIRO YOSHIOKA

  • 久堀 雄豊

    YUTO KUBORI